RSS
Admin
Archives

poco a poco

プロフィール

pocoapoco

Author:pocoapoco
常夏の国に生息中。夫と猫2匹と一緒にのんびり暮らしています。毎日を急がず、丁寧に、前向きに。

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12
22
旅行中って、時計が早回りしているんじゃないかと(笑)。

初めて訪れる場所ではないし、何かしようとか、これをしなくちゃとか
そういう思いはまったく、”バンクーバーにいる”ことと、”思い出をたどる”
ことを楽しめただけでただただもう嬉しかったです。

そんな気分だったからか、ここに暮らしているような錯覚(妄想?)で、
あんまり写真を撮っていないな、ってあとで気づきました(涙)。

downtown.jpg

↑ダウンタウン。

gastown.jpg

↑ギャスタウンのスティーム・クロック。

vancouver from cypress

↑ブレていますが、ウェスト バンクーバーから撮ったバンクーバー。
たくさん撮ったのですが、どれもいい勝負のブレでした(残念!)。

なんやかんやと矢のごとく過ぎ去ってしまい、今では夢のようですが(笑)、
新しいステキな出会いがあったし、お世話になった人にあいさつできたし、
いつまでも思い出に残るバンクーバー旅行でした。

胃袋の中身などを、別にまたアップしたいと思います。
2010.12
21
昔カナダでお世話になった人に、久しぶりに会うことができました。
って簡単に言えばそうなんだけど、月日は流れ流れて連絡先を失い、
お互い別の国に移り住んだり、うんぬん… %@#$*%&…(笑)
こうして再会できて、ホントにホントに嬉しかった、11年ぶりです!

皺も白髪も増えているから~、と忠告はしておいたのだけど(笑)、
それでも、私とわかってもらえなかったらどうしよーう、なんて
待ち合わせ場所ではドキドキしました(トイレに行っちゃったりして)。

ダウンタウンでランチしながらこれまでの話をいろいろ、と思っていたのが、
前日になって、ウィスラーに行こう ってことになり、行ってきました~。

途中に寄ったShannon Falls、冬で、水量が多くて圧倒されました。

shannon falls

shannon falls2

shannon falls3

夏の記憶しかないのだけど、こんなに大きな滝だったとは。

ダウンタウンを出発してから、車で2時間半くらいでウィスラーに到着。
雪だ~っ! って当たり前なのだけど、常夏の国に暮らして何年も経つ上、
日本でも雪はほとんど見ないところの出身なもので、雪山にはえらく感激!

whistler2.jpg

whistler.jpg

雪、雪、雪。

写真ではめちゃ寒そうですが、なぜかそんなに寒くなかったです。
(って、セーターの上にフリース・ジャケット、その上にダウン・コート着ていったのだった、笑)

スキーはしないので(挑戦したことはあります)、下界を楽しんできました。
クリスマス前とあってか、セールしている店がたくさんありました。

whistler4.jpg

ルルレモンで働いて(?)いたワンコがかわいかった。

whistler3.jpg

店中を隈なく回って接客、試着室にいた夫のこともチェックしていました(笑)。
連れて帰ろうとする人はいないのか、と心配で夫がお店の人にたずねると
首にちゃーんとタグが付いていました(入り口でピピピーとなる、あれあれっ)!

それにしても、カナダでは見る犬見る犬、みんな幸せ顔。
入り口に犬用に水やおやつが置いてある店を、結構見かけました。
シンガポールで幸せそうな顔した犬はほとんど見たことがないし
何より、飼い主が散歩しているのを見ることが少ない(怒)。

ウィスラー・ビレッジは大きくなり、周辺には新しい建物がたくさん増えて
すっかり変わっていて驚きました。
オリンピックもあったことだし、15年も経てばそりゃそうか。

こうして、時間を取り戻した1日でした。

2010.12
19
ブログを通じて出会った、バンクーバー在住のあろあろさんにお会いしました!
この方とはいつかお会いできるのではないかと勝手に思っていましたが、
早くもそれが実現、そして、想像していたとおりの方で嬉しい驚きでした♪

奇跡が起こって青空が見えたらいいな、とお会いする前にメールでやりとりをしていたら、
その奇跡は起こりました、なんとこの日は朝から晴れ!
この時期のバンクーバーでは、結構意外なことです。

シーフードが美味しいというRodney's Oyster Houseに連れていっていただきました。
シーフード・シチュー だったかな、話に夢中になって定かではありません(笑)。

rodneys.jpg

写真のとおり具だくさん、貝、蝦、魚、それはもう食べごたえがありました。
お店のオニイサンにも、これは大きいよ、食べられる?と確認されたほど。

rodneys oyster house2

お店の雰囲気はすっごく良く、店員は感じが良くハンサム、満腹満足。

この辺りは、私の知る10ウン年前にはなーんにもなかった地域でしたが、
今ではすっかり変わってしまい、えらいポッシュ・エリアと化していました。

待ち合わせ場所で会ったときに、「いや~、久しぶり!」とか言いそうなほどに
あろあろさんは、なんだか昔からの友人のようなニオイを感じた方でした。
「はじめまして」のあとは、初対面のはずが、もうお互いに普通に話し出す勢いで、
このあと街をブラブラ、お茶をしてもまだまだ会話は途切れず(笑)。
ホテルに戻って考えてみたら、5時間以上話をしまくっていたみたいです(爆)。

おかげさまで、本当に楽しい時間を過ごすことができました!
2010.12
18
Granville Islandで青空を見上げ、向かった先はStanley Park。
時刻は3時半、すでに日は傾きかけていて慌てて向かいました。

極小の国からカナダにやってくると、距離感を失います。
でもって、なんて自分ってちっちゃいのだろう(笑)、とか。

stanley park

4時ごろなのに薄暗くなってきて、でもこれが最後の晴れかも、
なんて思ってこんな時間からStanley Parkを1周することにしました。

stanley park2
N8

半分くらいまできたところで、すでに暗くなって…

stanley park3
N8

1周し終わったときには7時もとっくに過ぎたかと思ったら、まだ5時半でびっくり!
(シンガポールでは日没は年中7時すぎなのです)
このあとダウンタウンまでも歩き続けて晩ごはん、でまたホテルまで歩いて帰りました。
いやーっ、歩いた、歩いた。

思い出いろいろな場所のひとつなので、ちっとセンチメンタル(笑?)でもあり、
変わらないままであった風景に嬉しくなったり、でした。

キレイな空気をいっぱい吸ってとーってもリフレッシュできて気分爽快、
体の中もすーっきりキレイになったような気がしました。

2010.12
17
夫の仕事で私もひっついていくことにした今回のバンクーバー行き、
まあいろんな想いのある街なので、ずっとずっと楽しみにしていました。
が、しかし、遠かった(汗)。。 飛行時間だけでも16時間くらい、直行便はありません。

しとしと続く雨、室内でどこか楽しめるところと考えてバスに乗って、Granville Islandへ。
マーケットやらアート、ジュエリー、雑貨などなどいろいろな店が集まったところです。

グレーの重たい空の下、私の中のバンクーバーらしい景色が目の前に広がっていました。

granville island2

マーケットというのはその地の様子がよくわかる場所、旅には欠かせません!

granville island5

並んでいる果物、野菜、色鮮やかで大きさは北米サイズ!!
こういう根っこものは暑い国ではあまり見ません、葉っぱつきで新鮮そう。

granville island4

何がびっくりって、りんごの大きさには驚きました(笑)。
魚貝類もこちらで見るものとは違って、見ごたえ(笑)あり。

お腹が空いていたのでレストランを探すも、どうもピンとくる場所が見つからず、
マーケットに戻り、ほうれん草のラザニアとサラダを買って食べました。
味はまあまあ、なんかパンチが足りなかったような。
雨で寒くて温かいものがほしく、隣の店でグリンピースのスープを買いました。
これはなかなか美味だったのだけど、がっついて写真を撮るのを忘れました(涙)。

stock market

Stock Marketというこの店は、こーんなにたくさんの品揃え、
下のほうに並んでいる温めるだけの状態になったスープ、1パック7~8ドルでした。
お客さん、みんな、10パックくらいずつ買う勢い、びっくりでした(笑)。

ちょこちょこと買いものをして外に出ると、青空が!!

granville island3

同じ景色も空の色でこうも違うかー、と感動。
おーっ、バンクーバーへ来たんだなあ、なんて感じた瞬間でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。