RSS
Admin
Archives

poco a poco

プロフィール

pocoapoco

Author:pocoapoco
常夏の国に生息中。夫と猫2匹と一緒にのんびり暮らしています。毎日を急がず、丁寧に、前向きに。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03
03
(スリランカの旅のおはなし、のつづき)

宿からスリーウィーラーで15分ほどで、バスターミナルに到着。
タイでいうところの、トゥクトゥクです。

空き地のようなところに、たくさんのバスが不規則に列をなして止まっていました。
バスがいっぱい止まっているからここがバスターミナルなのだろう、、(笑)。

ぼけっとしていたらひかれてしまいそうな感じ。
しばらくして気づく… ”行き先、読めないよぉ!” 
英語なんて気の利いたもんはありません、、(汗)。
どのバスも呼び込みのおにいちゃんの声が激しく、
よく聞いてみれば、ただ単に行き先を叫んでいるらしい、、ってことがわかり、
”Kandy?” ”Kandy!”みたいなやりとりで
どうにかKandy行きバスを見つけることができました。

ガイドブックによればエアコンバスなるものがあるらしかったけど、
そんなもんは見つからずじまい。
でもエアコンで冷え冷えのバス車内に何時間もいるよりも
エアコンなしのちょっとホカホカなほうが体にいいしってことで(私だけ納得)。
前の席にいた西洋人2人にkandy行きだということを確認して(笑)、着席。
この2人がいたので、なんだかちょっとほっとした(観光客が他にも乗っていると)。

bus to kandy

で、いったい何時出発だろう、、 ま、いつか走り出すよね、、と待つ。
それから15分ほどして、ついにバスが走りだした。

いざ出発!Kandyへ!!(って本当に着くのかな?)

なかなかのバスに写っている(?)けれど、実際は、
ガタガタの座席にいつひっくりかえるのかって感じでした(笑)。
このバスはイギリスのものだ、と夫、、どんだけ古いのだ(考えるのはやめておこう、笑)。
どのバスに乗るのか、とか、ひかれちゃうよ、とかあたふたしていたためか、
Negomboのバスターミナルの写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました(残念、涙)。

しばらくしておにいちゃんが、料金回収にやってきました。
240ルピ、と言われ、1人分かと思ったらどうやら2人分。
100km以上先のKandyまで1人100円ほど?!
(Negomboのバスターミナルまでのスリーウィーラーに200ルピでこのバスが2人で240ってのは、、
とは思ったものの、まアジアっていうのはそんなもんだから考えないことに)
本当にKandyに行かれそうなので、とりあえずは安心して、と。

だんだんと立ち客が増えてきました。
立っている人は、座っている人に、"これ持って"って自分のカバンを渡す。
そんな光景が結構見られました(助け合って生きているのってステキ、と思った)。
この時間はラッシュ時で、ビジネスマンらしき人もいっぱい乗っていました。
みなさん、遠くまで通勤するみたいです。

bus to kandy2

インターシティーという名の急行バスがあるらしかったけれど、
どうやら私たちの乗ったのはどんこう。
途中手を上げる人がいれば止まる、といった具合。
到着はおそらく3時間後くらい?

進むごとに客が増え、しだいに動きがとれないほどの立ち客になり、
写真を撮るのも申し訳ないようになりました(撮りませんでした、汗)。

しばらくして大きな(?)ターミナルに停車。

bus to kandy3

写真は窓から写した別の行き先のバス。
このバスはなかなか新しいめなほうです。

窓からの景色を楽しみながら、揺られて揺られて~。
縦にい横にかなり揺れるけど(笑)、幸い私はこういう乗りものにはかなり強い。
私には揺れが心地よく、かなり楽しんでいました♪
(揺れのせいで写真は全然撮れませんでしたケド)
たいていのことには動じない夫ですが、これにはちょっと参ったようでした(苦笑)。

ところで高速道路なんてもんはないどころか、舗装されていないような道もあり。
途中には、ウシ、ブタ、ヤギ、、などの動物も見ました。
住宅地とか、山間部とか、ありえないほど細い道を、走る走る。
追い越す追い越す、飛ばすときはすっごいスピードで(汗)。
追い越しの際、バスの車体が斜めになったとき、もうダメかなとちょっと覚悟。
我が家で留守番中のネコのことだけが心配でした(苦笑)。

時間的にはあと30分くらいのところまでたどり着いたころ、
山間部、かなり上ったなぁ、ガソリンは足りるのかなぁ、とか思っていた。
そこで、

バス、止まる。

bus to kandy4

30分以上待ったあと(汗)、先で事故があったのだと知りました。
山道だから上るか下るかしかないようなところ。
別の道で、ってわけにはいかないわけで、ひたすら待つ。

道にはこんなお店がぽつぽつと並んでいました。
あちらこちらの車から降りて、茹でトウモロコシを買う人が続出。
真ん中に写っている鍋で、茹でたてですよ~。
私はそんな気分ではなかったので、食べなかった。

bus to kandy5


暑い中、車内でだらだら待たされること2時間。
再び動き出し、間もなく事故現場を通過。
大きなトラックが半分に折れて、後ろ半分が崖に宙ぶらりん。
巻き込まれなくて良かったな。

走り出してから多分30分くらいだっと思う、、 街っぽいものが見えてきた。
人も車もたくさん見えてきた。
本当にあとちょっとのところで止まっていたのです、バス。

そんなこんなでNegombo出発から5時間後(汗)、午後2時すぎについにKandy到着。
ふぅ、ホントに着いた。

bus to kandy6

バスを降りたあたりの光景。
ターミナルというより、道端。


(まだまだつづきます)
2010.02
27
シンガポールから、飛行機で3時間半。
スリランカへ行ってきました。

いつか行ってみたい、ずっと思っていた国だったけれど
ワクワクと、ドキドキと、でちょっと複雑でした。
どんなところか想像できなくて。

光り輝く島、という名のとおり、人も島も輝いた島でした。
笑顔になる国、でした。

夫の知人にスリランカに住んでいた人、大好きで休暇の旅に行く人、
が結構いて、その誰も彼もが、宿は取っていかなくていい、
と口をそろえて言うものだから、
バックパッカーの血が騒いだ夫は、出発前には目を輝かせて(←コワイほど)。
大まかな行き先は決めたものの、”予定表のない旅”ってことに(汗)。

首都のColomboに滞在するよりもオススメ、との話を参考に、
到着した当日は、Negomboという海岸の街に1泊しました。
空港からは、車で30分かからないくらいの場所。
この1日めだけは、宿をとっていました。

わぁ、お姫さまみたいだわぁ、と喜んだこれ。

negombo.jpg

あ、そんなステキなものでなく、これが蚊帳というものか~♪
この年になって初めて、蚊帳の中に寝られるのね~(なんか自分だけの空間っていう感じがいい、笑)。

果たして、スリランカってどんな国なのだろう、、想像がつかなかったし、
そう明日何するのか決まっていないのが不安でもあり、、 だったけど。
まずは、人生初めての蚊帳に寝られるし(笑)。

小さなことに、大きな喜びを感じる私、、 ま、どうにかなるか、 この旅。

休む間もなく夕食に出たものの、何が食べたいかわからず洋食屋さんに入ると、
まあたくさんの西洋人(しかいなかった)。
このあたりは西洋人に人気なようで(特にちょっと年が上な感じがやけに心地よく、笑)。

注:この時点で、カメラの電池が『残量少』に!
充電したのに~(汗)。
補充の電池1つあれば十分と思って充電器は置いてきたっていう事実に焦る。
なので、夜の無駄なバッテリーは使わないようにと写真を撮るのをひかえた。


翌朝早くに目が覚め(シンガポールとの時差により)、
スリランカで初めてのセイロンティーと朝食をたっぷりをいただきました。

negombo2.jpg

それにしても、セイロンティーは美味しかった(が写真がない)。

negombo5.jpg

スリランカのパン、サクサクしてなんとも美味しかった~。
この後も、このちょっと薄っぺらいサクサクパンを行く先々でいただきました。

朝食後、散歩に出かけました。

negombo3.jpg

私たちが泊まったあたりは、街のはずれのほうで、
ゲストハウスやホテルは他になく、民家が立ち並び船がたくさんある静かなところでした。
ネコがたくさんいて、新鮮な魚をもらってもりもり食べていました。

negombo6.jpg

これは、宿のネコ。

朝のちょこっとの散歩の後、間もなく宿をチェックアウト。
次の目的地を目指して、バスターミナルへ。

宿をおさえていたのはこの日だけ。
これから先はどうなることかよくわからない、行き当たりばったりの旅(汗)。


(旅のこと、まだつづきます)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。