RSS
Admin
Archives

poco a poco

プロフィール

pocoapoco

Author:pocoapoco
常夏の国に生息中。夫と猫2匹と一緒にのんびり暮らしています。毎日を急がず、丁寧に、前向きに。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10
01
極小国から一歩出ると、まあとにかく驚きの連続でありました。

今回の旅は、疲れないようにのんびりと、がテーマ(?)だったので
さらっと、旅の思い出を。

木々が少ーしだけ色づきはじめていて、美しい街並みを楽しめました。
季節感のない国に暮らすと、こういうことがとても新鮮です。
あと1週間くらい遅ければ、きれいな紅葉が見られたかな。

DSC_0909.jpg

DSC_0703.jpg

多民族が集まる街トロントは、かなりとけ込みやすいなあ、という印象。
英国人の夫が道を尋ねるたびに、英国系移民の人と出会ったりなんかして、
ひょんなところで思いがけずに話が盛り上がったのが楽しかった。
同じ大学院つながりの人に出くわしたときは、世界って小さいなあ、と。

夫の強い希望(笑)により、ホテルでなくB&Bに滞在。
静かな住宅街にあり、まるで我が家にいるような心地良いところでした。
朝ごはんは美味しかったし、ネコのおもてなしも最高。

DSC_0705.jpg

DSC_0952.jpg

そのB&Bで二組の英国人夫婦と一緒になり、ここでも英国話に花が咲き。
また、別のご婦人は、息子の嫁がシンガポール人だとか。
ホント、世界は大きいようで小さいわ、と度々思いました。

植えてある頭重たげな紫陽花、とてもすてきな色でした。

DSC_0714.jpg

ずっしり、カナディアンサイズで見ごたえがある!
キッチンからお花が見える暮らし、いいなあ。

さらっと、とかいいながら、次回ももう少しトロントの写真を。

Comment

非公開コメント

No title

イギリスとカナダの文化的な結びつきって、今考えると相当に強かったような(住んでいたときは知る由もなかったのですが、笑)。街や人にしっとりとした、ヨーロッパ的なうるおいが感じられていいですよね。生牡蠣がおいしいのも良かったです!

あくびさんへ

英国とのかかわりが深いことを私も今回知りました(笑)。道をたずねるたびに「どこから来たの?」と聞かれるのにびっくりしました!街並みもヨーロッパ風で歴史あふれる建物が多くあり。素敵なところなんですね。あくびさんのトロントの暮らしについても、いつかゆっくりうかがいたいです♪

生牡蠣美味しいのですか、あら聞いておけばよかった!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。