RSS
Admin
Archives

poco a poco

プロフィール

pocoapoco

Author:pocoapoco
常夏の国に生息中。夫と猫2匹と一緒にのんびり暮らしています。毎日を急がず、丁寧に、前向きに。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04
20
まだ終わっていなかった(笑)、スリランカのはなし。
今回で終わりです(多分ね、汗)。

最後の目的地、Gale。
Colomboから列車で、4時間半くらいのところにある南部の街。

スリランカを電車で旅行するなら、
海岸沿いをひたすら走るこの路線は逃せません。
指定席ではないため、早いモン勝ち!

すぐそばに海。
Colomboを出発したのはお昼頃で、青空が気持ち良かった。

colombo to gale train

車内はこんな感じ。

buisiness man

ビジネスマンは、どこの国でも忙しいのは一緒らしい。

Galeに近くなると雨、ちょっとがっかりだったけど、
着くころには晴れ始めて

gale rainbow

宿に荷物を置いたあとに外に出ると、なんと虹。

写真には写っていませんが、この時虹が2つ見えていたのです。
私は旅先で虹を見ることが多いのですが、
この旅では、2つの虹を同時に見るという美しい景色に出合えました。

Galeに3泊することで夫婦意見一致。
美味しいごはんのお店と、ゆっくりお茶ができるカフェを見つけて、
心身ほっとしたのでした。

gale guest house

和やかな家族経営のゲストハウスに宿泊。
部屋は最上階のバルコニーつきでした(って単なる屋上です、笑)。
大きなリゾートホテルより、私はこんな家庭的なところが好きだわ。

旧市街は、ヨーロッパの影響を強く受けた建物が並びます。
なんだか哀愁ただよって懐かしいような寂しげなような。

gale dog and cats

街は、世界遺産に指定されています。

gale old town

Galeは、スマトラ沖地震のツナミ被害にあった街でもあります。

gale old town2

gale seaside

どこからともなく人が集まり、歌って踊ってと楽しそうな人々。
時がゆっくり流れている感じがしました~。

Galeから、スリーウィーラーで近くの海岸、Unawatuna へも足をのばしました。
美しい海岸でしたが、インドネシアやマレーシアやタイなどのビーチと変わりなく
宿泊するまででもないかな、という印象でした(私の勝手な感想)。
西洋人で賑わっているビーチでした。

unawatuna.jpg

このあと高熱をだして体調を崩してしました。
それでも、お腹をこわさなかったのは不幸中の幸いでした。

夫、ひとり出かけては小さなおみやげを持ち帰り励まそうとする夫に申し訳なかったけど、
私の体調はまったく変わらず、で辛かった。
夫ひとりでアーユルベーダマッサージなど、楽しんでいました。

せっかくだからと起き上がってはちょこっと出かけて、休んで、という状態で、
旧市街を歩いては美味しいものを食べ、カフェでぼーっとして。
充分楽しめたと思います。

milk tea in gale

濃くて美味しかったミルクティー。

お買いものも結構楽しめました。
スパイスをたくさん入手できました。
フタつきのお菓子入れみたいな器とか、
ありえないほど大きなスプーン(おたまとはちょっと違う)とか
帰ってみればアヤシげなものばかり買い集めていました。
夫はもちろん、ティーポットを(帰りの機内に大事に抱えて持ち帰りました、笑)。
それから、お香(私もかなりのお香好きだけど、夫はその上をいく)。

gale city centre

お香の店のおじさん。

そして、最後の日。
駅に電車の時刻を聞きに行って、準備オッケー。
帰ってきて荷物を詰めて、最後の観光をして、、さよならGale。

駅のチケットカウンターで、「切符2枚ください」。
カウンターの人、無反応...

なんと!

朝と夕方の時間、間違っていた~(汗) ←我夫らしい!!
どうにかバス(10人乗りくらいのマイクロバス、エアコンつき!)でColomboまで戻りました~。

と、こんな感じで旅は終わりました。
あ~、最後まで珍道中(汗)!

光り輝く島、スリランカでした。

Comment

非公開コメント

これと言い、マレー鉄道と言い、うらやましいっ!!
写真、すっごくいいですね。
むちゃくちゃ雰囲気出てます。
あーわたしも写真撮りに、スリランカに行きたいなあ。
体調も珍道中も、ともかく無事で良かったです。

ステキ

なんだか時間がゆったり流れていることが、写真だけで伝わってきますよ。海を見ながらの電車の旅、これならリラックスできますね。

私は音楽を聞くと勝手に体が動く人なので(赤ちゃんの時からそういう子だったそうです)、絶対に海辺のあの皆さんの中に入って歌って踊っちゃいます。

お香店のおじさん、笑顔がステキ。街にはヨーロッパの影響を受けた建物もあるんですね。スリランカ、行ってみたくなりました。

ところで、高熱の理由はなんだったのでしょう??

あろあろさんへ

雰囲気でていますか~、嬉しいです!おかげさまで、無事でした(お騒がせしました!)。
きっとあろあろさんが撮ったら、スリランカは全然違って見えるのでしょうね~。もしスリランカに行くことがあれば、シンガポールにも寄ってくださーい(笑)。私も次は、一眼レフカメラを持って行きたいと思っています。コンパクトカメラでも、じろ~っと見られるような国でしたが、勇気を出して(笑)、というか多額の保険に入って(汗)。

YUKOさんへ

ゆったりな時間、伝わりましたか~、嬉しいです!
海を見ながらの電車は、何とも贅沢な気持ちになりましたよ。YUKOさん、ダンスが上手そうですね~。私はダメです(笑)。
熱は、疲れが一番の(最大の)原因だったと思います。


ゴールの旧市街は昔NHKの世界遺産で紹介されていて、
一度は行ってみたいなぁと思っています。
最後、具合が悪くなっちゃったのは残念でしたが、
素敵な旅日記でした。おじちゃんの表情がいいですね。

ユさんへ

TVでも紹介されたりしているのですね。私もスリランカへ行ったらゴールへ行ってみたいと思っていました。
ありがとうございます、ホント、ステキな旅ができました。そうそう、おじちゃん、ちょっと恥ずかしそうでした(笑)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。