RSS
Admin
Archives

poco a poco

プロフィール

pocoapoco

Author:pocoapoco
常夏の国に生息中。夫と猫2匹と一緒にのんびり暮らしています。毎日を急がず、丁寧に、前向きに。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10
16
HDDが、ダメになってしまったと思って格闘を続けて3時間(汗)。
写真はどうにか失わずにすみました。

ナイアガラの滝、ここへは行ってみたかったのです。
トロントからバスで2時間弱、景色を楽しむという道中ではなかったけど
バスでの移動というのはやっぱりいいものです。

滝に続くこの歩道、英国を想わせます。

DSC_0822.jpg

これは、アメリカ側。

DSC_0836.jpg

そして、カナダ側。

DSC_0840.jpg

DSC_0845.jpg

DSC_0858.jpg

近くに寄ったら、すうっと流されていきそうでした。

やっぱり乙女号には乗っておかないとかな、と思っていたのだけど、
ぬれるだけかな(少々コワかった?)で、別のアトラクション、
Journey Behind the Falls というのにしました。
滝の裏側や、すぐ横など、めちゃ近くを歩けます。
とにかくぬれるので、カメラが壊れるかと思った。

DSC_0873.jpg

DSC_0874.jpg

帰りには、なんとなんと美しい、虹が見えました。
私って、旅の最中に虹を見ることがとても多いのです。

DSC_0900.jpg

いやいや、こんなに大きな滝とはスゴイ。
人間なんて、ほんとにちっぽけ、なんて思いました。
いい旅になりました。
スポンサーサイト
2011.10
09
トロント、写真いろいろ。

街は洗練されていて、歩きやすかった。
路面電車が走っていて、それが道の真ん中だから、乗り降りにはちょっと注意が必要です。

地下鉄、バス、路面電車、運賃は高いけど(シンガポールに比べて)、とても便利。
地下道が発達していて、寒い冬でもあちこち行き来できる仕組みになっています、すごい!

DSC_0910.jpg

ディスティラリ。

DSC_0732.jpg

CNタワーを目指して。

DSC_0734.jpg

553.33m、だって、うふふ。

DSC_0992.jpg

DSC_0970.jpg

DSC_0983.jpg

湖とは思えない広さの、レイク オンタリオ。

DSC_0973.jpg

トロント大学。

DSC_0930.jpg

セントローレンス マーケット。
BBQサーモンのサンドウィッチが、とっても美味しかった。

DSC_0737.jpg

DSC_0936.jpg

DSC_0942.jpg

ブロア通り。

DSC_1000.jpg

ヨークヴィル。

DSC_1013.jpg

ヤング通り(だったか)。

DSC_0749.jpg

普段はショッピングをほとんどしなくなった私、トロントではお買い物をずいぶんしました(笑)。
「そんなもふぁもふぁした襟巻き、いつするの?」

最後の夜は、Cirque du Soleil、夫からのサプライズ。
同じ人間とは思えない、ものすごいパフォーマンスに、最初から最後まで驚きの連続!

エンターテイメントにショッピングにと、充実したトロント、もうちょっと長くいたかったです。

しかし、FC2ブログは写真をアップするのが面倒(いちいち、サイズを小さくしないといけない)。

2011.10
01
極小国から一歩出ると、まあとにかく驚きの連続でありました。

今回の旅は、疲れないようにのんびりと、がテーマ(?)だったので
さらっと、旅の思い出を。

木々が少ーしだけ色づきはじめていて、美しい街並みを楽しめました。
季節感のない国に暮らすと、こういうことがとても新鮮です。
あと1週間くらい遅ければ、きれいな紅葉が見られたかな。

DSC_0909.jpg

DSC_0703.jpg

多民族が集まる街トロントは、かなりとけ込みやすいなあ、という印象。
英国人の夫が道を尋ねるたびに、英国系移民の人と出会ったりなんかして、
ひょんなところで思いがけずに話が盛り上がったのが楽しかった。
同じ大学院つながりの人に出くわしたときは、世界って小さいなあ、と。

夫の強い希望(笑)により、ホテルでなくB&Bに滞在。
静かな住宅街にあり、まるで我が家にいるような心地良いところでした。
朝ごはんは美味しかったし、ネコのおもてなしも最高。

DSC_0705.jpg

DSC_0952.jpg

そのB&Bで二組の英国人夫婦と一緒になり、ここでも英国話に花が咲き。
また、別のご婦人は、息子の嫁がシンガポール人だとか。
ホント、世界は大きいようで小さいわ、と度々思いました。

植えてある頭重たげな紫陽花、とてもすてきな色でした。

DSC_0714.jpg

ずっしり、カナディアンサイズで見ごたえがある!
キッチンからお花が見える暮らし、いいなあ。

さらっと、とかいいながら、次回ももう少しトロントの写真を。

2011.09
26
すっかりブログから離れてしまっていますが、体調はすこぶる良し。
多倫多(トロント)、へ行ってまいりました。

多倫多との時差12時間、ただ今、時差ボケ、ボケ。
おまけに、こんなときに限ってやけに仕事が忙しい月曜日で
この先一週間どうにか生き延びないといけません。

前回のバンクーバー同様、香港経由だったのだけど
香港の空港で見た「多倫多」っていう漢字がすてきだったので
ちょっと連発してしまいました(笑)。

写真の整理を全然しておらず、今日は写真はなし。

2011.01
04
もう去年のことになってしまいますが、バンクーバーで食べたもので
思い出に残ったものをいくつか。

鍋焼きうどん。
ダウンタウン、あきレストランにて。

nabeyakiudon.jpg
(なんだかボケすぎてよくわからないケド)

この日は、あろあろさんご夫婦と我が夫の4人でディナーを楽しみました。
雨の夜、冷えた体にほっとする味でした~、エビフライ万歳!
すっごく食べたかったししゃもも食べられて嬉しかった~。
旦那同士がこれまたトーク炸裂で、嬉しい驚きでした。

お粥。

kayu.jpg

あろあろさんに連れて行っていただきましたが、お店の名前を忘れました。
漢字で”麺 粥” ってあったのだけ憶えています。
この日もひつこくあろあろさんを連れまわしました(笑)。

新しくできたというカフェにて、レモン・タルト!
West 4th、Raye。

lemon tart

後ろはあろあろさんが注文した、チョコレート・ケーキ。

バーガー。
Fat Burger にて。

fat burger

いやいや、ハンバーガーを食べるのは何年ぶりだったかなあ(笑)。
違うバーガーやさんを探していたのに、道をたずねたらここを案内されて(爆)。
行きたかったとこへは結局行けずだったけど、美味しかったので満足。

フィッシュ&チップス。

fishnchips.jpg

Sea busで渡ったノースバンクーバーの、Lonsdale Quayにて。
お腹は空いてなかったのだけど、食べている人がやたらといて、
そそられて一皿注文、夫婦で取り合い(?)になりそうな勢いで食べました。
魚の身がしまっていて美味しかった上、チップスがちょっと皮付きなところが
カリっとしてそれがもうたまらなく美味しかったです!

ロースト・ベジタリアン パスタ。

roast vegetable pasta

キツラノ、Sophia's Cosmic Cafeにて。
内装がめちゃおもしろく、そしてベジタリアンのお料理が美味でした。
このパスタ、野菜の味が活きていて、でもしっかりした味付けで、
すごく大きな皿だったのに完食しました(自分にびっくり!)。
夫はベジ・バーガーを注文、こちらも美味しかったそうです。

あ、そ、そ、最後にTim Hortonsのドーナッツも食べたのだった!

tim hortons

ドーナッツの砂糖が溶けていないなんて、奇跡(シンガポールではすぐにドロドロになるので)。
食べさしでスミマセン、はーっ美味しかった。

もういっちょ、JJ Beanのバター・タルト、ふふふ~っ バンクーバー滞在中に3度も食べちゃいました。

butter tart

この夜は閉店間際に駆け込んで、1つだけ残っていたの… ラッキー!
一番思い出に残ったのがこのちっちゃなタルトっていうのがちょっとナンですが(笑)
これはツボでした。

と、思い出に残ったあたり、こんなところでしょうか。
ふ~っ、ごちそうさまでした!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。